七島イ再生プロジェクト

トップページへ
畳(たたみ)
襖(ふすま)
障子(しょうじ)
網戸(あみど)
会社案内
施工事例
お問い合わせ
リンク

営業日カレンダー

受付時間 8:00〜20:00 

中津本店
TEL 0120-118-193
FAX 0979-22-2526
大分店
TEL 0120-328-446
FAX 097-504-3702
国東店
TEL 0978-65-0802
FAX 0978-65-0801

七島イ再生プロジェクト

七島イとは?

七島イ

七島イの発祥は、鹿児島県のトカラ列島で、その為に「七島イ」という名前がついているそうです。七島イは、草そのものが強く、耐久性や吸湿性など優れていたため、一般庶民に愛用され、全盛期には大分の七島イ が全国市場を独占するほどの需要があったと言われています。 今では琉球畳表と呼ばれることが多なっています。

七島イ栽培の現状

七島イ 植え付け

七島イの生産は、国産のものは、大分県の国東市のみとなっています。 その国東市でも現在農家さんが10件をきり、農家さんの平均年齢も 高齢となっています。 その上、七島イ栽培は手作業が多く、1日に生産できる畳表は農家さん1件で 1畳〜2畳分です。後継者問題もあり、このままいけば、確実に国産七島イは途絶えてしまいます。

取り組み

七島イ 工場

七島イで作られた畳表は、昭和初期〜中期にかけて大分県の特産品として、「豊後表」「青表」と呼ばれ、最盛期には年間500万畳も生産されていたという全国の人に愛された畳表です。 その伝統ある、畳表を残そうと、2009年10月1日より、国東琉球畳表製織工場を開設 、地域の農家さんや大分県の協力のもと、 地域の活性化、七島イの生産性の向上に取り組んでいます。

復刻!琉球畳への道

国東で七島イ作りに挑戦しているメンバーのブログです。

国産の七島イで作られた「琉球畳表」